日本で唯一!全ランサムウェア対応データ復号 | ランサムウェアデータ復元センター

CryptoWall3.0亜種とは

- データ復号可能 -
迷惑メールにより感染。
以前はインターネット広告により感染。
拡張子は大量にあるが「.CrySiS」
最新版は拡張子の変更はない

作成されるファイル

最新版は
README.html
README.txt

駆除方法

基本的にはMBRへの感染はないので、リカバリが確実です。
C:\(ランダム文字列)\(ランダム文字列).exe
C:\Users\[ユーザー名]\AppData\Roaming\(ランダム文字列).exe
C:\Users\[ユーザー名]\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\Startup\(ランダム文字列).exe